育児のおすすめ資格 社会保険労務士の難易度

社会保険労務士の資格に興味が出れば、次に気になるのが、試験の難易度だと思います。
どんなに社会保険労務士に興味があっても試験に合格できなければ意味がありません。

そこで、社会保険労務士の難易度を紹介していきます。

はじめに下手な期待を持たせないために言いますが、社会保険労務士は魅力がある資格ですが、その分試験の難易度が高くなります。

試験の合格率は毎年1桁台で、試験科目は8科目もあります。
しかも受験資格があり、大卒の受験者がほとんどなので、受験者のレベルも高くなります。

また、学習する内容は年金や労動基準法に関することです。それらの法律は複雑で、毎年法改正もあります。

ですから、かなり努力しなければ、合格できない試験だと言えます。

しかし、知識がまったくなくても合格できる試験でもあります。
確かに社会保険労務士は、難易度の高い試験ですが、司法試験や司法書士などのような難関試験ではありません。

多くの方は、市販のテキストや過去問を購入し、普通に学習してしまうから合格できないのであって、正しい学習法と良い教材を使い、しっかりと学習すれば合格できる試験なのです。

しかし、そうしたことを理解せずに自己流で学習するから試験に不合格になります。
少し考えてもらえばわかりますが、普通に学習して合格できる資格なら、資格の価値は落ちて、魅力がなくなります。簡単に合格できない試験だからこそ、希少な資格になるのです。
ですから、社会保険労務士に合格したければ、通信や学校を受講して、学習して下さい。

育児をしている主婦なら通学は難しいですが、通信なら自宅で学習出来ます。
そして、その試験を乗り越える事が出来れば、あなたの人生が変わる可能性が十分にあります。

前のページ | 次のページ

>>この方法なら育児中でも社会保険労務士の資格が取れますね! >>勉強する時間が足りない! そんな人のための勉強法