育児のおすすめ資格 行政書士の難易度

行政書士の資格に興味があれば、次に気になるのが難易度です。
予め申し上げると、行政書士は社会保険労務士と同様、非常に難易度の高い試験です。

一昔前の行政書士試験は、難易度が高くても今ほどではなく、ここ数年で急に難易度が高くなった印象です。

それではまず行政書士の合格率ですが、毎年1桁台です。
まず10%を越える事はありません。中には、2%台という事もありました。

それだけ合格率が低い理由は、受験者数が多い割に合格者数が少ないのと、試験科目が苦手とする方が多い法律だからです。

特に行政書士は民法が試験科目にあり、法律独特の解釈が必要になるので、理解するのが大変です。
また、試験科目も一般科目を合わせれば、8科目に及び、学習量も非常に多くなります。

しかし、行政書士は社会保険労務士と比べれば若干ではありますが、合格しやすい試験だと思います。
もちろん、試験そのものが違いますし、その人との相性があるので、一概に言えませんが、行政書士の受験者はそれほどレベルが高くないので、合格率ほどの難易度はありません。

行政書士の試験は社会保険労務士と違い、受験資格がないので、どうしても本気合格を狙う受験者の割合が少なくなります。その上、合格枠が少ないので、合格率が低くなるのです。
ですから、合格率が低いからとって決して諦める必要はありません。

ただ、誤解しないでほしいのは、難易度が高い試験には変わりないので、普通に学習しても合格することは難しくなります。法学部出身の方でも、不合格になる方は沢山います。

しかし、行政書士試験には、学習量以外にもテクニック的な事も使えるので、知識がなくても十分に対応する事が出来ます。ただ、そのためには独学では駄目です。

行政書士試験を知り尽くしている、プロの講師の指導を受けられる、通信教育が必要になります。
そこでしっかりと学習すれば、育児をしながらでも合格することはそれほど難しくありません。

多くの方は自己流で学習してしまうので、合格できないのです。

前のページ | 次のページ

>>この方法なら育児中でも行政書士の資格が取れますね! >>勉強する時間が足りない! そんな人のための勉強法