育児のおすすめ資格 ファイナンシャルプランナー

ファインシャルプランナーに興味があれば、次に気になるのが試験の難易度です。

まず申し上げたいのは、ファイナンシャルプランナーの正式な資格名称は、FP技能士という国家資格です。
そのFP技能士には1級~3級まであり、試験実施団体が日本FP協会と金財の2つあります。
どちらで受験してもFP技能士の資格を取得できますが、今回は受験者数が多く、知名度が高い日本FP協会の難易度について、お話していきます。

また、話を進めていくのは2級FP技能士についてです。
何故なら、3級は本当の基礎だけですので、仕事に応用するのは難しく、2級以上あれば十分に仕事に活かす事が出来ます。そして2級に合格すれば1級を受験する事も出来るので、ゆくゆくは1級を目指すのも良いと思います。

それでは、2級FP技能の難易度を紹介すると、しっかりと学習すればそれほど難しい試験ではありません。

2級FP技能士には、実技と学科の2つの試験があり、それぞれの合格率は、30%~50%台です。
また、2つの試験を同時に合格する必要はなく、片方ずつ受験しても構いません。
ですので、じっくり時間をかけて学習すれば、高い確率で合格できる試験です。

ただ、2級FP技能士は深く問われる事はありませんが、出題範囲が広く、覚えなければいけない事が沢山あります。
また、学習内容が今まで経験のないお金に関することなので、はじめは戸惑う事が多く、苦手な事もいると思います。

しかし、それはある程度仕方ありません。何故なら、FP技能士は国家資格で、金融の専門家と言う位置づけなので、簡単に合格させてくれる試験ではないのです。
ここで言うと合格しやすい試験と言うのは、あくまでも行政書士や社会保険労務士などと比べてです。

数ある他の資格試験からみれば、決して簡単な試験ではありません。
そのことは忘れないで下さい。

前のページ | 次のページ

>>この方法なら育児中でもFPの資格が取れますね! >>勉強する時間が足りない! そんな人のための勉強法