育児のおすすめ資格 マンション管理士

マンション管理士の資格に興味があれば、次に気になるのは難易度です。

マンション管理士の難易度は、行政書士、社会保険労務士に匹敵するほど難しく、合格率も毎年一桁台です。
また、受験者は実務経験者が多いので、知識のない方が普通に学習しても合格は難しくなります。

それでは、何故マンション管理士の試験が難しいのかというと、幅広いジャンルの知識が要求されるからです。
マンション管理士は、マンションや建物に関する法律的な知識はもちろんの事、建築の技術的な知識や簿記の知識も必要なります。そのため、知識を体系的に理解するのは難しいので、受験者を苦しめています。

また、マンション管理士のもう一つの特徴に、テキストの知識がそのまま出題されないと言う事です。通常の試験問題はテキストのその答えが書いてあるので、内容をしっかりと理解できれば解く事が出来ます。

しかし、マンション管理士の問題は、今まで覚えた知識を使い、問題を推測しなければいけないので、思考力が問われます。ですから、ただテキストの知識を覚えれば良いのではなく、その知識の背景や目的を理解する必要があります。

もっと分かりやすく言えば、現場で使える実践的な問題が出題されると言う事なのです。そのため、経験がない方が合格するのは難しく試験になります。
しかし、このサイトで紹介している資格の全ては、知識がなくても合格できる試験です。

しっかりと講義を聞きながら、深く知識を理解すれば、十分に合格できる試験ですし、実際にそのような方は沢山います。
多くの方はテキストだけで学習するので、合格できないのです。

前のページ | 次のページ

>>この方法なら育児中でもマンション管理士の資格が取れますね! >>勉強する時間が足りない! そんな人のための勉強法