育児のおすすめ資格 宅建の難易度

宅建の資格に興味があれば、次に気になるのは試験の難易度です。
宅建の難易度は様々な言われ方をされていて、簡単だとか、難しいとか人によって言う事は異なります。
私も何と言ってよいのか迷いましたが、結論をいうと、しっかりと学習すれば十分に合格できる試験だと言うことです。

まず、宅建の合格率ですが、毎年15%~17%台と意外と低いですが、それは受験者数が多いからで、一概に試験が難しいとは言えません。

また、試験科目も4つだけで、それほど学習量が多いとは言えないと思います。

しかし、決して簡単な試験ではありません。
その証拠に1度や2度不合格になる人はざらですし、中には5回受験して合格できない人もいます。

確かに宅建は学習量さえ積めば、決して合格できない試験ではありませんが、多くの方はその学習量を積む事が出来なくて、不合格になるのです。

これは宅建に限らず、ほとんどの資格試験に言えることですが、資格試験に合格できない多くの方は学習不足です。
極端なことを言えば、1時間学習して合格できれば誰も不合格になりません。
つまり、学習量が多くなるから合格出来ないのです。それでは何故学習できないのか、理由は色々あると思います。

例えば、資格受験者の多くは社会人で、学習時間がそれほど取れないとか、資格試験は誰かに強制されて取るものではないので、少し学習が辛ければ挫折してしまうとかです。

その上、学習量が多くなる独学で学習するので、余計にその傾向にあります。

ですから、学習量さえすれば合格できるということは、決して簡単な試験ではないのです。
それにいくら受験数が多く、合格率が低いといっても、5人に1人も合格できない試験です。
そのような試験を簡単と思うという事は、本当に頭が良い人とか、ただの身の程知らずです。

決して宅建の試験を侮らないで下さい。

前のページ | 次のページ

>>この方法なら育児中でも宅建の資格が取れますね! >>勉強する時間が足りない! そんな人のための勉強法