育児のおすすめ資格 通関士の難易度

通関士の資格に興味があれば、次に気になるのは試験の難易度です。

まず通関士の合格率は、1桁台ですが、合格率ほどの難易度は感じないと思います。
通関士の合格率が低いのは、試験が難しいというよりも、合格者を減らす傾向にあるからで、一概に難易度が高いとは判断できません。

その証拠に一昔前の通関士試験の合格率は20%くらいありましたが、試験制度が変更になって合格率が一桁台になりました。

しかし、試験事態は解答しやすくなり、むしろ易しくなっているのに、合格率が低くなったのです。
ですから、合格率が同じ一桁台の行政書士や社会保険労務士に比べれば、比較的合格しやすい試験だと言えます。

ただ、他の資格同様、決して簡単な試験ではありません。

通関士の学習は、今まで学習したことのない、関税がベースになるので、とっつきにくい学習です。
しかも、条文の穴埋め的な問題もあり、暗記するのも大変です。

ただ、毎年出題傾向が似ているので、予想の立てやすい試験だと思います。
まれにまったく見たことのない問題も出題されますが、そのような問題は無視しても合格点に届きます。

後はどれだけ過去問を解けるかです。

通関士に限らず、全ての資格試験の土台は過去問なので、過去問を分析すれば、おのずと出題傾向がわかってきます。言ってしまえば、過去問さえ攻略できれば、試験に合格出来ます。

ただ、多くの方はその過去問を理解できないので、挫折するのです。

だったら、どうするかと言う事ですが、答えは簡単です。学習を教えてくれる、通信教育を受講すれば良いのです。

このサイトでは何度も言っていますが、そこさえ理解していれば、試験合格はそれほど難しくはありません。その受講料をけちろうとするので、試験に合格できないのです。

前のページ | 次のページ

>>この方法なら育児中でも通関士の資格が取れますね! >>勉強する時間が足りない! そんな人のための勉強法