育児をしながらの資格勉強法<独学について>

育児をしながら、学習をする場合、大きく分けて2つあります。
独学か通信です。 学校に通学するという選択肢もありますが、育児をしながら、通学するのは難しいと思います。

そこで、ここではまず独学の勉強について紹介していきます。

独学と通信を比べて、デメリットは沢山あります。
例えば、

  1. 勉強がわからなくなる
  2. 講義が聞けないので、知識の理解が浅い
  3. 効果的な学習法がわからない
  4. 出題ポイントがわからない

など上げればきりがありません。しかし、最も大きなデメリットになるのは、時間が必要になるということです。
結局のところ育児をしている方に必要なのは、時間で、それがないから学習が大変になるのです。

それをわざわざ、時間が必要な独学で勉強すること自体ナンセンスです。

育児をしている方が勉強できる時間は、子供の昼寝中や夜眠った時くらいです。
そのような隙間時間して使えないので、いかに効率良く、勉強するかが求められます。
にも関わらず、時間が必要な独学で勉強したらどうでしょうか?

全然学習が進まないか、勉強がわからない事がストレスとなり挫折していきます。もちろん、中には独学でも効率的に勉強し、試験に合格できる人もいます。

しかし、そうした人はほんの一握りで、そんなに勉強が出来る人なら、すべに何かしらの資格を持っていると思います。

また、このサイトで何度も言っているように、本当に魅力的な資格は、その分試験の難易度が高くなります。

簡単に合格できる資格は、資格の価値がなく、ほとんど仕事に役立ちません。しんどい思いをして資格を取得しなければいけないので、魅力的な仕事が出来るのです。

ですから、特別な事情がない限り、独学は避けてください。
あなたのゴールは試験に合格することではなく、その資格をどのように利用するかです。
試験合格に時間を使ってはいけません。

前のページ | 次のページ
>>勉強する時間が足りない! そんな人のための勉強法