育児をしながら仕事ができる資格とは?

まず、育児をするという前提で資格取得する場合、何でも良いわけではありません。
ある程度自由な時間で仕事が出来る事が条件となります。

例えばあなたが簿記の資格を取得して何処かの会社に就職したとします。

しかし、会社に就職すれば時間の制限があり、自由に子育てする事はできませんし、そもそも現在は簿記の資格を取得しても就職に結びつきません。

また、仮にあなたの事情を汲んでくれる会社があったとしてもそうした会社を見つけられるのは運も必要ですし、大変です。

ですから、まずはあなたが自由にできる仕事をすることが必要なのです。

次にある程度高い収入を稼げる可能性がある仕事です。どんなに仕事の自由があっても賃金が安ければ、長続きしませんし、ストレスにもなります。

例えば、内職はその最たる例です。

内職は一つの作業をしても数円、中には何十銭という単位のものもあります。それだとどんなに頑張って仕事をしても稼げる額たかが知れていますし、単純作業の繰り返しなので、精神的にも辛くなります。ですので、お金を稼ぐと言うことが非常に重要になるのです。

最後に頑張れば合格できる資格だということです。

世の中には資格の価値が高く、誰からも尊敬されるものもあります。
例えば、弁護士や医師、公認会計士などです。

正直それらの資格を取得するためには、昔から積み重ねた学力が必要で、急に学習しても合格できる試験ではありません。

重要なのは、努力しなければ合格できない試験で、逆に努力さえすれば、知識がなくても合格できる試験だということです。

普通に考えてもらえばわかりますが、簿記の資格を取得して、今から稼ぐと言う人はいないのと一緒です。このように育児をしながらできる仕事ができる資格は、3つのポイントがあるのです。

そのどれが一つでもかけてしまえば、本当の意味で育児と仕事を両立することは出来ません。具体的な資格名は、後々紹介していきます。

前のページ | 次のページ
>>勉強する時間が足りない! そんな人のための勉強法