育児のおすすめ資格 行政書士

何度かテレビドラマの題材になり、人気の資格なので、一度は名前の聞いたことのある資格だと思います。

行政書士の仕事を簡単に言えば、役所に提出しなければいけない書類を作成し、代理で提出します。
具体的には、「飲食業・風俗店営業許可の書類」「会社設立の書類」「建設業許可の書類」「自動車関連の種類」「各種契約書の作成」「内容証明の作成」などその数は1万を超えると言われています。

また、行政書士はこれらのような仕事を個人・法人から依頼の元仕事をするので、ターゲットとなる顧客は限りなくいます。

そして、行政書士の働き方ですが、基本的に独立開業です。
多くの方は、自宅を事務所にして仕事をしているので、開業資金はほとんど必要ありません。

また、実際に副業として行なっている主婦も多く、時間の合間を見て、自分が出来る分だけでの仕事を請け負って行なっている方も数多くいます。
ですから、最も育児をしながらする仕事に向いているのです。

次に行政書士の年収ですが、稼いでいる人は本当に稼いでいます。
正式に行政書士の年収を調査した事がないので、正確な平均年収はわかりませんが、年収2000万円~3000万円はごろごろいますし、凄い方なら、5000万円を超えているという方もいるそうです。

しかし、一般的には行政書士は、まったく稼げないと言われています。
インターネットの情報だと、仕事がない、開業してもすぐに廃業するなどといった情報を良く目にします。

しかし、それは本当に稼いでいる行政書士は知らないだけで、実際はかなり稼げる仕事だと言えます。
そうした信憑性のないインターネットの情報を信じ込んで、資格取得を諦める方がいますが、決して惑わされないで下さい。

数多くなる資格の中でも行政書士は稼げる部類に入る資格です。

もちろん、稼げない人も沢山しますし、皆が皆稼げるとは言いません。
しかし、それは社会保険労務士のページでも言いましたが、どの資格・仕事でも同じです。
絶対に稼げると言う保証のある資格や仕事はありません。

また、あなたは育児をしながら仕事をするので、それほど稼げないと思います。
どのような仕事をするかによりますが、副業では月額10万円~20万円が良いところです。

しかし、そうした仕事を少しずつこなし、育児が楽になれば、沢山の仕事を請け負えば良いでしょう!
とにかく行政書士は非常にオススメ出来ます。

前のページ | 次のページ

>>この方法なら育児中でも行政書士の資格が取れますね! >>勉強する時間が足りない! そんな人のための勉強法