育児のおすすめ資格 ファイナンシャルプランナー

ファインシャルプランナーは、元々アメリカの資格で、日本ではそれほど歴史のある資格ではありません。
しかし、最近ではテレビで頻繁に露出するようになり、今では人気資格となりました。

ファイナンシャルプランナーとは、お金の専門家で、各家庭の資産設計を組んで資産運用の方法を提案していきます。

例えば、老後に向けた資産運用をしたいとします。
その場合、現在の収入、保険、年金、資産、負債、退職金、ローンなど様々なことを考えてなくてはいけません。

しかし、そのためには現在の経済状況、法律、今後の流れなど複雑な制度がたくさんあるので、専門的な知識が必要になります。
そこで、ファイナンシャルプランナーが、その顧客に取って最適なプランを提案していきます。
「金融商品を運用した方が良いのか?」「毎月の貯蓄はいくらくらいが良いのか」など細かく計算するのです。
もっと簡単にいってしまえば、家計のホームドクターです。

それではフィナンシャルプランナーの働き方ですが、基本的に保険・不動産・銀行などの会社員として働く事になります。 ですので、一見育児をしている主婦には向かない資格です。

しかし、今では独立するファイナンシャルプランナーを増え始め、それが定着しつつあります。
現に自宅で仕事をしているファイナンシャルプランナーも少なくありません。

そして、かなり高い年収を稼ぎだしているファイナンシャルプランナーもいます。私の知る限りでは、年収1千万円を超える方もたくさんいます。
ただ、まだまだ会社員としてのイメージが強い資格なので、正式な年収のデーターはありません。

また、ファイナンシャルプランナーの資格を取得したとしても、いきなり独立するのは難しいので、ある程度の経験も必要になります。

どちらかと言えば、ファイナンシャルプランナーは保険を売るケースが多いので、そのためには、経験や人脈が必要になります。

しかし、ファイナンシャルプランナーは資産設計の専門家で、家計を預かる主婦に取って、非常に参考になる知識が身に付きます。
その意味では非常におすすめできる資格です。

前のページ | 次のページ

>>この方法なら育児中でもFPの資格が取れますね! >>勉強する時間が足りない! そんな人のための勉強法