育児のおすすめ資格 宅建

宅建は日本最大級の受験者数を誇る国家資格です。
多分宅建を知らない人はいないと思います。

それでは宅建の特徴ですが、基本的に宅地建物を取り扱うビジネスをしている会社なら必要な不可欠な資格です。

具体的に宅建の業務を上げると、「重要事項の説明」「重要事項説明書への記名・押印」「重要事項説明書への記名・押印」です。

これからの業務は宅建有資格者しかできない事で、物件や不動産契約するのに必要な業務です。
また、宅建には設置義務というものがあり、宅地建物を扱う企業なら、5人の1人の割合で、有資格者を配置してなければいけないのです。
つまり、宅建の資格がなければ業務そのものができないと言うことです。

次に宅建の働き方ですが、不動産・住宅メーカーの会社員として働くケースがほとんどです。
中には、銀行や保険会社に勤めたり、独立開業したりする方もいますが、基本は、不動産や住宅メーカーです。

しかし、育児を考えた場合、会社員勤めは難しくなり、現実的な資格ではありません。
それでも宅建を紹介した理由は、圧倒的に就職に有利だからです。

大手の会社は別ですが、中小の不動産関係の会社は、まだまだ宅建の有資格者が少なく、経験がなくても採用してくれる会社も沢山あります。

ですので、育児が忙しい時期には難しくても、多少手が空けば、仕事をすることが出来ます。育児経験が長いと、いざ仕事をしようにも中々採用されないので、宅建の資格を持っているだけで、全然違ってきます。

次に宅建の年収ですが、その多くは会社員として働くので、平均を出す事は出来ません。

その会社の規模や年齢、役職などによって変わるからです。
ただ、不動産業界はそれほど年収が低いわけではありませんし、資格手当てを支給する会社も多くなります。

ですので、年収的にも魅力的です。

前のページ | 次のページ

>>この方法なら育児中でも宅建の資格が取れますね! >>勉強する時間が足りない! そんな人のための勉強法